FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

追いかけても、追いかけても

過去の自分は、今の自分に追いつけないのだと
今の自分は、過去の自分を待ちはしないのだと
日々、繰り返し繰り返して

明日の自分を追いかける


スポンサーサイト



  1. 2013/09/30(月) 19:35:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

求めるものを、言葉にしてみる

言葉が出来たら、それを声にしてみる
求める人に、声を向けてみる
求めているよ、と

そんな簡単なことも出来ないのに
失望するのはまだ早い


  1. 2013/09/29(日) 19:11:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物語のようにいかない現実に

僕らは何を思うべきなのか


  1. 2013/09/28(土) 19:05:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

惨めでも、情けなくても

どんな苦痛を受け続けても
心が折れてしまったとしても

それでもまだ、この手は動くから


  1. 2013/09/27(金) 19:27:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どれだけの言葉を重ねても

伝わらないことが
この世の中には溢れていて
誰もが歯痒い想いを感じていて

だから僕らは出逢いを繰り返す


  1. 2013/09/26(木) 18:53:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分自身の存在に

名前をつけてみる

借り物の、ありふれた、誰かの真似でも構わないから
自分で自分の名前を決めてみる
そしてそれを名札にして、胸にピンで留めてみる

そうやって、僕らは誰かになってゆく

いつか、本当の自分自身に辿り着くまで
何枚もの名札をボロボロにして


  1. 2013/09/21(土) 19:23:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

だから、

理由も分からず泣きたくなるような
こんな時間には

誰かの名前を叫ぶことすら
意識の中に無く

叫ぶことの意味すらも
自分自身の中に無く

それでも

へたくそに、叫ぶ


  1. 2013/09/20(金) 19:09:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10年後の自分が

それまでの10年間を
誇れるような
そんな日々を過ごしたいと思うのは
傲慢だろうか?


[10年後の自分が]の続きを読む
  1. 2013/09/19(木) 19:03:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何か、大切なものを

取りこぼしているような
忘れてしまっているような
そんな曖昧な不安を

奥歯を強く噛み締めて
吹っ切ってしまえ


  1. 2013/09/12(木) 19:01:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記憶の中から消してしまいたいと

そう思う出来事ほど
強く、濃く、鮮明に焼きついて
自分自身の輪郭を定めている
忘れてしまいたいだけなのに

そして実際に忘れてしまったことは
貴方そのもの


  1. 2013/09/11(水) 20:42:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また空が高く、遠くなって

吹く風が軽やかになって
過ぎた季節が、どこか夢のようで
他人行儀な雲の色に目を奪われるようになって

時間が足早に過ぎてゆく


  1. 2013/09/10(火) 19:02:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感情に色を探してみて

そんなことを考えながら一日を過ごしてみて
退屈だと感じていた日々の中に
少しだけ色彩を描いてみて

眠って、キャンバスを白くする

  1. 2013/09/09(月) 22:06:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の終わりの朝に吹く

寂しさ半分、優しさ半分の
胸が締め付けられるくらいの
そんな風を浴びながら

昨日のことを忘れ、明日を想って
今日を


  1. 2013/09/09(月) 07:28:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

必要なものなんて、

ガキの頃から分かってたし
それがどれだけ大事で難しくて
シンプルなことかなんて
今更説教されるまでもなく、知ってる

それでも、覚悟をひとつ決めるのには
いつも恐怖がつきまとってしまうけれど


  1. 2013/09/08(日) 18:54:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

足元をすくわれることに

今では慣れてしまったけれど
悔しさすら消えた訳ではなく
ただ、それらは蓄積されてゆく

そして、破裂寸前になったときに
力になる


  1. 2013/09/07(土) 19:11:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋になると、泣きたくなる

どんな服を着て良いのか分からなくなる
どこを見れば良いのか、どこに向かえば良いのか
何を食べれば良いのかすら、分からなくなる

どうして泣きたくなってしまうのさえも


  1. 2013/09/06(金) 20:10:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜に溶けて、負けそうなほどに

淡く光る、古びた街灯に
それでも群がる虫の姿に
哀愁よりも必死さを感じて

せめてその姿だけでも目に焼き付けておこうと思った


  1. 2013/09/05(木) 19:03:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

繰り返し、繰り返し

過去の痛みを反芻して
塞がりかけた傷口を、また開いて
その痛みで、思い出す
忘れない

いつも、誰かを傷付けて生きてきたことを


  1. 2013/09/03(火) 20:07:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ただ悲しい振りをするだけのボクは

気持ちの全てに実感がない
ただの浮き草のような日々を過ごして
眺めて暮らしてきて

今になって、涙が出るほどに、実感している


  1. 2013/09/02(月) 19:08:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分の中にある可能性を

思いつくままに
片端から、節操なく
試すだけ試して

失敗も成功もして始めて
やっと自分になれる


  1. 2013/09/01(日) 18:44:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1783)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ