FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

痛みなんて

ただの警鐘でしかないのだから
ただの警鐘で済んでいる内に
どうにかしてしまうべきなのに

痛みを我慢する根性なんてのがなまじあるから
痛みが痛みじゃ済まなくなってしまう

耐え続けることが美徳だった頃とは
もう変わりつつあるのかもしれない


スポンサーサイト



  1. 2014/02/28(金) 19:19:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生き方を変えるつもりなんてなくても

毎日少しずつ積み重なるあらゆる出来事のせいで
自然と生き方は変わってゆく

気が付けば、遠くに来てしまったような感覚

目を閉じて深呼吸して、自分以外の世界を想う
世界は少しずつ変わる
時間は着々と流れ進む

変わらずにいる自分になんて
価値はないと気付くことが出来たなら

ここは遠くではなく
ただの通過点


  1. 2014/02/27(木) 19:18:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

揺れ動き定まらない

思考と
感情の
その理由は

目の前の景色が変わり続け
自分もまた変わり続けているのに

そのままで在り続けたいと
抗い、受け入れない性根の問題


  1. 2014/02/26(水) 18:32:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

腰の引けた生き方じゃあ

自分が何者なのかも見えてこないから


  1. 2014/02/24(月) 19:04:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

形の見えない心ってものに

僕らはいつでも右往左往していて
目の前にある差し迫った問題を
いつだって直視出来ずにいる

3年先のことも
5年先のことも
もっとずっと先のことも
何の展望も持てず
何の期待も抱けず
何の未来も描けないのなら

見えない心なんて
何の価値もないじゃないか


  1. 2014/02/23(日) 20:09:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言葉はいつも欠けていて

文章はいつでも不完全で
歌はただ、それだけのもので
世界は僕らが思うよりずっと深くて
複雑で

それでも僕らは欠けた言葉で
伝わらない感情を擦り合わせて
距離を測り、縮め

やがてそこに至るまで
繰り返し続ける


  1. 2014/02/22(土) 19:30:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰かのせいにしたくても

何かのせいにしたくても
そうしてみたとしても

結局は全て自分に返ってくるのだから


  1. 2014/02/20(木) 19:23:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言われたくないことばかり

言ってしまうのなら
何を言われたくないのかを
考えなければ良いのかもしれない

思考の外にあるものは、自分の中からは出やしない


  1. 2014/02/18(火) 19:01:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

降る雪に

ただ、懐かしさと
過ぎて重ねた歳月を感じて
音の消えた薄闇の中で
白い息を吐く


  1. 2014/02/14(金) 19:52:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

他人のことならいつだって

いくらだって、正論を言える
簡単に

でも、自分のことになるとそうもいかなくて

ままならないのは、多分自意識とかいうものなんだろう
そんなことを思って、うんざりした


  1. 2014/02/13(木) 19:04:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Q.貴方にとって

他人とは、何ですか?


[Q.貴方にとって]の続きを読む
  1. 2014/02/12(水) 18:36:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慌しさに追われた日には

部屋で気持ちを休めていても
誰かが背中を突いているような
そんな気分になる

つくづく、精神の平穏とは無縁の性格に育ったものだと
今更ながら痛感する


  1. 2014/02/11(火) 18:53:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出逢った全ての縁と

出遭った全ての禍福を連れて
ありのままに受け入れて
ゆっくりと、確実に
明日へと向かおう

真っ直ぐでなくても構わないから


  1. 2014/02/10(月) 23:27:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

欲しいものの全てを

手に入れられるとは思っていないし
手に入れたいとは、本当は思っていないのかもしれないけれど

欲しいものの一部ですら
手に入れられないような自分自身には
がっかりする

本当に欲しいものですら分からないような
そんな浮ついた自分自身だとしたら
反吐が出る

望みよ叶えといつも思うけれど
何もせずに思うだけなら
何も望んでいないのと同じだと思う


  1. 2014/02/09(日) 19:55:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

丁寧に、真剣に

一秒を重ねることの大切さと
重ね続けることの難しさと
その先に得られる些細な満足

そしてまた、次に至るための輪廻


  1. 2014/02/07(金) 19:09:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強く、強く吹き付ける風が

この街の、
僕の、
熱量を奪っていって

風が止んだ頃には
冷え切った夜も白んで
世界が金に染まる


  1. 2014/02/05(水) 00:07:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頭をまっさらにして考えてみた

全ての不平・不満は
自分自身の中から沸いて出てくるもので
それをどうにかするには
現状をぶち壊すしかない

何かを守ろうとか
変えずにいようとか
そんな温いことを考えるから
苛立ちの根っこは途切れないまま
どこへ行っても残り、育つ

突破するには
自分自身すらぶち壊す必要があるから
ビビりながらでいいから
やってみようと思う


  1. 2014/02/04(火) 18:53:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目に映る

夜の景色を
何も考えず
ただ眺めながら
ゆっくりと進む時間を
鼓動で数えて


  1. 2014/02/02(日) 19:56:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢の中でさえ

逢うことの出来ない貴方へ

私は何を伝えたいと思うのだろう?


[夢の中でさえ]の続きを読む
  1. 2014/02/02(日) 00:51:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何も持たずに生まれて

何も持たずに死に行く間に

どれだけのものを手に入れ
どれだけのものを与えられるのか

どれだけの嘘に騙され
どれだけの真理に至るのか

どれだけの人を傷つけ
どれだけの人を笑わせられるのか

どれだけの時間の中で
僕らは
どれだけ人間らしく在れるだろうか?


  1. 2014/02/01(土) 07:58:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1786)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ