FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

大地を駆けて削るはずの風も

僕らの街では、ただ声を荒げるだけで
落ちた葉を舞い上げ、運ぶだけで
でも、雲を払い空を高く青く見せてくれるから
細めた目を、精一杯に見開いて
天を仰ぐ


  1. 2014/11/03(月) 19:05:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝陽が

フロントガラスを越えて
目を焼くように強くなった頃に
僕は毎年
冬の訪れを感じる

それと、懐かしさを


  1. 2014/11/02(日) 20:46:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自覚するところから始めよう

指折り数えることでも
わざと分かったような言葉を吐いて格好つけることでも
無形の苛立ちを抱えたまま日々を過ごすことでも
訪れる災禍にただ流されることでもなくて

今の自分と
今までの自分とを
これからの自分にどう繋げたいのかを
はっきりと


  1. 2014/11/01(土) 18:53:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1783)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ