FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

疲れも痛みも何もかも

今だけ棄てて、朝を待つ


スポンサーサイト



  1. 2014/12/31(水) 18:02:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

苛立ちは訪れる

暦や季節を無視して
こちらの都合を無視して

穏やかな時間を求めるほどに
苛立ちは訪れる


  1. 2014/12/30(火) 18:59:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちいさな背中に

[ちいさな背中に]の続きを読む
  1. 2014/12/29(月) 19:30:29|
  2. 歌詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰かの勝手な感情が

通りすがりの誰かに移ってしまう

勝手な感情の刻まれた空間は、
さながら地雷のように
この街のあちらこちらに存在している

歩くだけでも
見るだけでも

貴方の苛立ちは
本当に、貴方本人に起因するものなのか?


  1. 2014/12/28(日) 20:15:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吹きつける風の温度が

冷たさよりも痛さを感じさせるような
こんな日には

出来るだけ、遠くの空を眺めて
変わり行く様を見送っていたい


  1. 2014/12/27(土) 22:56:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感情の形を思い描いてみて

トゲトゲのイガイガだったときは
出来るだけ、口を開かないようにしている
出来るだけ、忙しくするようにしている

歳をとって覚えた、自分への対処法


  1. 2014/12/26(金) 19:34:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流行の歌の詩のように

世界は優しく回らない


  1. 2014/12/25(木) 19:32:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界が美しいと

そう思うときは、いつも
視線を上に向けていることに気付いた


  1. 2014/12/24(水) 16:44:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝、目覚めて

街の全てを金色の煙で満たす
太陽の光に
目を細めて
掌で避けて

顔をしかめずに
笑顔を浮かべよう


  1. 2014/12/22(月) 19:11:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笑え

明るく、底抜けに
吹き飛ばしてしまうくらいに
清々しく

それが出来るようになるために
ここまで来たはずだから


  1. 2014/12/21(日) 19:42:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どこまでも行きたいという気持ちと

帰らなければいけないという気持ちと
その両方を背中に負って

遠く、遠くまで旅に出る


  1. 2014/12/20(土) 19:20:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赦すことが出来たなら

赦されることも出来たのかもしれない

赦して欲しいとは、どうしても思えなかったとしても


  1. 2014/12/19(金) 19:40:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

積もらない雪が降る音を

窓越しに聞いている


  1. 2014/12/18(木) 19:14:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開かなかった唇と

生まれ出なかった言葉が
いつまでも
気持ちの奥の奥で
澱のように残っているのなら

適当な歌に乗せて
世界に見せてやるべきだ


  1. 2014/12/16(火) 19:09:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

果たされなかった約束に

一体どれだけの価値があったのか
それを知っているのは、裏切られた方だけで

でも、裏切った方には
そんなものは無価値でしかなくて
裏切られた方には
そうとしか思えなくて

何が本当のことなのかなんて
そんな言い訳じみたこととは別の場所で
価値が勝手に決められる
決めてしまう

僕らは、不便な頭をしている


  1. 2014/12/14(日) 18:57:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

喪われてしまった人の声を

喪ってしまった人たちが
15年かけて
甦らせてくれて

あの人の、あの頃と
今の僕が
同じ年齢なのだと
改めて実感した


  1. 2014/12/13(土) 19:33:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

細胞の全部が入れ替わるだけの時間が過ぎて

記憶も、血肉も入れ替わったはずなのに
空間に刻まれた記憶に、まだ引きずられる

寒さと怒り以外の感情で震える手指に力を込めて
瞳を閉ざさないようにする
そんなことにさえ、必死になってしまう

冬が訪れたのに
夏の匂いが消えない


  1. 2014/12/12(金) 19:24:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠くを眺めてみる

遠くの、知らない土地の上の空を
ぼんやりと眺めてみる

冷たい空気と、汚れた空気が層を作っている

あの下で暮らす人のことを想像してみる
イメージは、ぼんやりとしか浮かばない

今居る土地の上の空は
あそこからどんな風に見えるのか
そんなことを考える


  1. 2014/12/11(木) 19:11:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思い通りに行かないことの全てが

辛い結果に繋がるとは限らないから


  1. 2014/12/10(水) 19:47:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分の体の形を

確かめるように、シャワーを浴びる
手の長さ、指の届く範囲
聞こえる音、目以外で感じるもの
肌の感覚、熱量(得られるものと奪われるもの両方)
ひとつの行動に集中しているときの
自分自身の心の在り処
記憶の地雷

水に流す、ってのは
本当に良く出来た言葉だと思った


  1. 2014/12/08(月) 19:03:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流れ続ける川を、橋の上から眺めて

吹く風の痛いくらいの冷たさに
何だか懐かしさを覚えて

自分が住む街の風の強さを
久し振りに思い知った気がした


  1. 2014/12/07(日) 21:09:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月が綺麗に思えると

そんな言葉だけで
愛しているという気持ちを伝えるしかない
男の勝手な純情ってヤツを
一体、どんな女が理解出来るというのだろう


  1. 2014/12/06(土) 18:52:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今夜の月は寒いから

いつもよりどこか
優しく見える


  1. 2014/12/05(金) 19:06:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕事のことで

あれこれ悩んで頭抱えて
ひーひー言いながら唸って
必死に知恵を絞り出してるときが

意外と俺には向いているかもしれん


  1. 2014/12/04(木) 18:58:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塞がりかけた傷口を

撫でて痛みを忘れぬように
撫でて傷跡が消えないように

傷口が、ただのひび割れになってしまわぬように


  1. 2014/12/02(火) 19:06:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

血よりも濃くて深いものを

互いに与え合えるなら
それは
愛とか好意とか
そういう次元の話じゃないのだろう

自分がそこに至れるかどうかは別としても


  1. 2014/12/01(月) 19:00:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1783)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ