FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

開いた窓から吹き込む風に

花の香りが混じるから

心のせいでバラバラになった
全ての細胞が繋がった気がした


スポンサーサイト



  1. 2015/03/31(火) 20:45:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開いた花は散るからと

退屈な言葉を言うよりは
開いた花に心を奪われ
何も言えない人になりたい


  1. 2015/03/31(火) 20:30:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうひとつ、季節が廻って

手袋がいらなくなって
ニットキャップがいらなくなって
コートがいらなくなって
運転中にブランケットもいらなくなって
車の暖房もいらなくなったから

体がそろそろ、次の季節の準備を始めた
次に出逢いたい誰かのための準備を

望めるのなら
理解し合える人を


  1. 2015/03/30(月) 21:48:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空回りするだけの自分を

情けないと、恥ずかしいと
そう、卑下するのにも飽きたし
他人事のように嘲笑うのにも、もう飽きた

誰かと合わせようと足掻いても
結局は徒労に終わるし
失うものが毎回大きくなり続けてゆくだけだから

もう、そういうものだと受け容れよう

からからと空回りする自分が
いつか誰かと噛み合う日まで


  1. 2015/03/29(日) 20:02:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少しずつ、失われてゆくから

僕らの全ては、消えてゆくから
それがイヤなら
毎日毎日、足掻くしかない
かき集めるしかない

死ぬまで休まず
死んでも遺せるように

次の誰かのために


  1. 2015/03/28(土) 19:09:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

てのひらを

握らず
合わせて
せつなさを
祈りに変えて

怒りと嘆きを優しさに変えて


  1. 2015/03/26(木) 19:38:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白い肌に触れて

指先から伝わる
痺れにも似た感覚の名前を
愛や恋以外の言葉を使って
貴女に伝えたいと思うのだけれど

何故か、いつも見当外れで
伝えられないことに
少しずつ、自分が嫌いになる


  1. 2015/03/25(水) 21:24:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

咲けよ桜と祈ってみても

日差しの温度を奪う風
降る霧雨は地を締めて
春はまだだと意地悪く
暦を止めよと悪足掻き

回る地球の約束は
裏切ることなく巡らせる
冬から春へと巡らせる
褪せた季節を晴れさせる


  1. 2015/03/24(火) 21:54:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々が過ぎることに

焦燥でなく、到達感を得られるように


  1. 2015/03/23(月) 20:54:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まるで、約束されたように

今年も桜が開き始めて
風に舞い散るそのときまで
春を誇る

僕は今年もその下を歩くのだろう
歩きたいと思っている


  1. 2015/03/22(日) 20:52:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日、使った言葉に

この時間、いつも後悔する

意図が正しく伝わらないことに
いつも焦燥を感じるし
重ねれば重ねるほど薄れることに
虚しさを強く感じる

それでも
明日も言葉を使う


  1. 2015/03/20(金) 20:15:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懐かしい痛みに

脂汗をかきながら、少し笑えてきた

また、ここからやり直す


  1. 2015/03/19(木) 19:24:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

溶け出しそうな夜に

痛みも記憶も
流して捨てて

透明な
自分に戻る


  1. 2015/03/17(火) 20:36:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何度も走った道を

また走る

景色は変わり続けるし
道も、ほんの少しずつ変わるけれど

走る自分自身は、
そう大きくは変わってはいなかった


  1. 2015/03/16(月) 20:03:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

街を行き交う人の流れを

色鮮やかな、万華鏡のようだと
そんな風に思えるのは
多分、もう少し先のこと

色の死んだ季節から
色の生まれる春になる


  1. 2015/03/15(日) 19:43:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乾いてひび割れた体に

冷たい雨を浴びて
痛みと共に、潤うことが出来たなら

自分自身とそれ以外との
境界線が、無意味になるのに


  1. 2015/03/13(金) 19:47:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつでも心を揺らすのは

5秒にも満たない、短いフレーズ


  1. 2015/03/12(木) 20:06:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

折れた心を何度も接いで

何一つ約束されてない場所で
想像も出来ない出来事を
可能性の試算を繰り返し
味わうために

そしてそれを、誰かに伝えゆくために


  1. 2015/03/11(水) 21:28:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色の薄い夜が訪れて

風も、音もなくて
空気だけがただ、張り詰めていて
肌を刺す寒さも、和らぎ始めていて

春が来るのだと、気付いた


  1. 2015/03/10(火) 20:19:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

霧に

映す

瞼の裏にも映らなくなった
懐かしい光景を


  1. 2015/03/09(月) 21:02:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨に震える静かな街に

今日の終わりの鐘が鳴る


  1. 2015/03/08(日) 21:17:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

憂鬱な気分なんて

理由は多分、天気のせいでしかなくて
ぶ厚い雲を、強い風が
わっと吹き飛ばしてさえくれれば
空と一緒に晴れるから

待つのはただ、約束された
強い、強い風


  1. 2015/03/07(土) 19:12:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記憶の中でも逢えない人に

「今日は元気?」と確かめて
返事のないことに、妙に安心したりする

意味のない、ただのひとり遊び


  1. 2015/03/06(金) 19:12:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強く、強く吹く風が

夜空を晴らしてくれたなら
今日の月夜は素敵なのに


  1. 2015/03/05(木) 19:24:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今夜は月が綺麗だから

逢いたい貴女がいなくても
ひとりで夢を見れるから


  1. 2015/03/04(水) 23:15:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何も出来ない一日に

溜め息を吐くのはもう止めた


  1. 2015/03/03(火) 20:24:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分自身の価値を

他人の中に求めてしまうのなら

「本当は」なんて言葉は
使うことは赦されない


  1. 2015/03/02(月) 20:58:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頭の中の世界だけじゃ

楽しむことにも限度があるから
誰かと、何かと触れ合って
イレギュラーの中から可能性を探す

「何か良いことないかな」
なんて使い飽きた言葉が
今は、違う意味を持っている


  1. 2015/03/01(日) 19:53:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1780)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ