FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

雨が上がった後の

深くて濃い、青い空を見上げて
千切れて消えかけた雲を探して
その足の速さを眺める

去るように
誰かのために場所を空けるように
存在感をすら薄くして
時間に溶けて、消える雲を


[雨が上がった後の]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2016/06/30(木) 22:14:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴女が見て来た世界の色を

僕に教えて欲しいから


  1. 2016/06/30(木) 21:56:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢のような現実に

夢見た夢とは違う、別の夢のような現実に
酔って

夢見た夢の名前が
破れた夢とか
叶わなかった夢とか
変わって

クリアになった体の中身が
それでもまだまだ夢を望むから
もう一度
何度でも


  1. 2016/06/30(木) 20:32:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どんな苦悩を抱えていても

任された仕事は無くならないし
やらないことは進まない
それが救いなのか慰めなのかは知らないけれど
何も無いよりはずっとマシ


  1. 2016/06/29(水) 21:11:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

痛みも怒りも

ただの幻


  1. 2016/06/28(火) 23:59:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そして全てを忘れるように

貪るように眠るだけ

目覚めた朝がどうなるか
祈りながらも眠るだけ


  1. 2016/06/27(月) 21:36:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記憶の根っこが邪魔をする

苛立ちを消して
痛みを忘れて
怒りを置き去りにして
恐れを捨てて

怒りの理由を探して
苛立ちの矛先を探して
切なさの源を探して
虚しさの在処を探して
歌声の行き先を探して


[記憶の根っこが邪魔をする]の続きを読む
  1. 2016/06/27(月) 20:54:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きっと理由なんてない

あの日、あの場所で僕に向けられた悪意も
あの日、あのときに僕がとった行動も
あの日の続きを受け入れられなかった
僕らにも

多分、避けようもなかったし
何のメタファーを得てもいけなかったと
今ならそう思う

  1. 2016/06/27(月) 20:35:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落ちる涙の音に似た

ピアノの音色が沁み込んで
ささくれ立った感情も
波も痛みも消えて去る


  1. 2016/06/27(月) 20:22:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

終わらない夢のような

決して叶わない夢のような
諦めても諦めても、諦め切れない
そんな夢のような
澄み渡り晴れた空の真下に
僕らは生きていて
浮かぶ淡い雲を追い続けるような眼差しで
今日も、憧れを想い描く
風の強い夏の日の、青空の下で
  1. 2016/06/27(月) 12:44:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

持て余した時間の底で

部屋をタバコの煙で満たしても
道行く車の厳格さを想像しても
響かぬ声をいくら叫んでも
目眩を耐えて立ち上がっても
手のひら広げて机に乗せても
その手のひらを眺めてみても
昨日のことを思い返しても
今日の出来事を反省しても

自分自身を諦められない


  1. 2016/06/26(日) 22:02:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あなたの歩いた道が、いつか

誰にとっても誇りとなるように


  1. 2016/06/26(日) 21:45:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どんな結果になったとて

自身が選んで決めたなら


  1. 2016/06/26(日) 20:13:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

逃げて、逃げて

遠くまで逃げて
向かい合うことなく逃げ続けて
やがてそれにも飽きて
振り返ったときに

どんな道が出来ているのだろうか?


  1. 2016/06/25(土) 21:54:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嘆きも痛みも後悔も

そのまま苦さを噛みしめて
自分自身の枷にする


  1. 2016/06/24(金) 21:57:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠くに行くと、いつも感じること

自分はやっぱり、異邦人なのだということ

安い悪意を向けられると、いつも感じること
疑問
どうしてその悪意を、向けられてしまうのかということ
どうしてその悪意を、そのまま返してしまうのかということ

そのまま帰って、いつも思うこと
世の中に合わせて成長することは出来なかったということ
目立たないよう息を潜めて生きていくことの難しさ

どこにいても、自分は異邦人なのかもしれないという
情けなくて恥ずかしい実感


  1. 2016/06/23(木) 23:27:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もしも雨が上がらないのなら

上がることすら知らないのなら
傘を差すことすら、意味を疑うかもしれない

雨はいつか上がるから
僕らはそれを知っているから
降る雨に忌々しく舌打ちをすることもない
降る雨を迎え受け容れることも出来る
傘も、ちゃんと差す
濡れた靴を乾かすことも

雨上がりの空に虹を探すことも出来る

その向こう側を想うことも


  1. 2016/06/19(日) 20:06:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

取り返しのつかないことが

出来てしまうようになるには
まだまだいろいろ足りてない

どんな失敗をしても
結局は、努力次第でどうとでもなってしまう


  1. 2016/06/18(土) 21:08:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分自身を抱き締めて

ひとり静かに眠る夜
慣れもしたし
飽きもしている
でも
静かな夜は、代え難い
誰かの呼吸と温もりは
今の僕には価値はない
  1. 2016/06/18(土) 01:30:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここまで続けた全ての先を

明日になれば、見れるから。


  1. 2016/06/17(金) 20:22:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空の真下に居るのだと

山に登ると、そう思う


  1. 2016/06/16(木) 22:53:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

霧が晴れて

朝が訪れて
濡れたアスファルトも、色を変えて
風が爽やかに吹き始めたら
重い腰を上げて
大きく伸びをしようと思った


  1. 2016/06/14(火) 21:10:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

間に合わなかった後悔も

今では消えて、落ち着いて
間に合わなかったことさえも
受け止め、受け入れ
足掻いていける


  1. 2016/06/14(火) 21:08:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつか必ず戻るのは

自分の中の感情の
全てのトゲが摩耗して
熱くたぎった感情の
熱量の波が落ち着いて
声も鼓動も衝動も
驚くほどに穏やかに
そんな自分になれたなら
いつか必ず戻るから

そのときまでは、このままで


  1. 2016/06/13(月) 21:11:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛した日々の、その先に

あなたの愛した歌を連れて


  1. 2016/06/12(日) 23:33:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

息も詰まるような、この熱気の中で

揺らぐ景色の向こうに映る
誰かの背中の幻に
熱に浮かれた意識の中で
誰かの名前を叫ぼうとして
それが誰かも、分からない


  1. 2016/06/10(金) 20:01:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

顔を伏せたまま歩いていても

時間は過ぎるし景色も変わる

顔を上げていれば見れた景色
本当に辿るべきだった道も
顔を伏せたまま過ごした日々の
どこにも在りはしないけど

靴を眺めて過ごす日に
納得なんて、したことはなかった

  1. 2016/06/09(木) 20:55:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水音と、風音と

早まる鼓動と、足音と
音の聞こえない陽光と
音の聞こえそうな熱気と
夏と
待っているのに、まだ遠い


  1. 2016/06/08(水) 22:37:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

部屋の外側に何があるのかを

時々、僕らは忘れてしまう

部屋の外側の、その先がどうなっているのか
僕らはいつも、想像だけで済ませて、満足してしまう

光を、目で受け止めて初めて
僕らは何かを見ることが出来るのに

当たり前のことをいつも
忘れかけてしまう


  1. 2016/06/07(火) 22:54:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

疲れて乾いたこの体でも

熱を失った感情も
潤いを失った心も
血も肉も
それでも、まだここにいて
まだまだ動こうとするのだから
自身が足を引っ張ってはならないと
いつでもそう思いたい


  1. 2016/06/06(月) 22:39:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1786)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ