FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

時の経つのを忘れても

時は経つのを忘れない


スポンサーサイト



  1. 2016/08/31(水) 22:10:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝が来る寸前の

一瞬、夜が止まる時間に
息を深く吸い込んで
ゆっくり吐いて

閉じた瞳を空に向けて
下ろすと

世界が徐々に明けてゆく

世界に音が戻ってくる


  1. 2016/08/28(日) 21:04:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴方の唄う、すべての歌を

私はいつも聴いていたい


  1. 2016/08/26(金) 22:02:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言葉が世界を造るなら

嘘も誤魔化しも、もういらない
飾りも回り道もいらないし
悪意も殺意も必要ない

世界の広さと奥深さを
ただ知るために、語りたいと思う


  1. 2016/08/22(月) 22:06:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相手を強くするためだけに

貴方は自身を強くする


  1. 2016/08/21(日) 20:09:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人の視線は、息苦しい

人の期待は、重く痛い
人の足跡は、気が滅入る

他人にとっては
自分もそうなのだろうか


  1. 2016/08/19(金) 21:55:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たったひとつだけ裏切らないのは

繰り返し覚えたスキルだけ


  1. 2016/08/18(木) 21:42:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遅れて届いた真夏の匂い

逸って忘れた雨の音


  1. 2016/08/17(水) 21:58:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅い眠りを繰り返す

途切れた目覚めのその間


  1. 2016/08/16(火) 23:24:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カラダの中身を流れる水が

巡って全てが替わるまで


  1. 2016/08/15(月) 22:24:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

積み重ねてきた時間の先に

貴方の求めた一瞬が

そして貴方は、誰かの夢に


  1. 2016/08/14(日) 20:38:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赦しを乞うて祈る背は

同情にすら値しない


  1. 2016/08/13(土) 20:21:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

枷の外れた感情の

貴方の色は、どんな色?


  1. 2016/08/11(木) 21:23:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伝わらなかった僕らの言葉の

その意味なんて、彼らには
きっとどうでも良いのだろう

それでも僕らは命を賭けた

何がおかしい?


  1. 2016/08/09(火) 22:58:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

回れ回れ、風車のように

強く鳴るように吹き付ける
色を掻き回す風を受けて
回れ回れ、止まることなく
過ぎる時間を追い越して
次に吹く風に手を広げ
明日を迎えにただ回れ


  1. 2016/08/08(月) 21:25:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流れる汗の、その色を

後悔だけでは染めないで


  1. 2016/08/07(日) 21:53:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強く在りたいと願うのは

弱いままでは居られないから

今居る場所に、居続けられないから

今居る場所から、どこにも行けないから


  1. 2016/08/06(土) 23:04:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

起きてしまった出来事に

「もしも」を探してしまうのは
望みと違う結末を
認められない弱さなのか
受け入れられない情けなさなのか


  1. 2016/08/05(金) 23:28:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

争わずに逃げるから

何度も目の前に現れるのなら

相打ち覚悟で殴り合うしかないのかもしれない


  1. 2016/08/05(金) 23:26:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

叩きつけるように

真正面から降る雨に
眼鏡を外して胸ポケットに仕舞い
濡れた前髪を雑にかき上げて

無理に背筋を伸ばして歩こう

革靴が濡れるのを気にせぬ素振りで


  1. 2016/08/02(火) 21:17:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1786)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ