FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

思い出せない記憶も

果たせなかった約束も
裏切ってしまった自分自身も
どうでもよくなるくらい
貴方の笑顔が私を溶かす


スポンサーサイト



  1. 2016/11/30(水) 23:26:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴方の残した足跡が

10年経っても、褪せぬから
これから、この先10年も
あの日の記憶は、褪せぬまま

傷の痛みも、温もりも
夜闇に溶かした溜め息も
ただ、ただ笑ったあの時も
10年経っても、褪せぬまま


  1. 2016/11/29(火) 00:35:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

透明にして

貴女の
貴方の
感情を
全ての色を、一度
洗って、流して
透明にして
もう一度、光を当てて
透き通ったその色を
集めて、束ねて
貴女を
貴方を
彩って

眩しく輝く光と一緒に


  1. 2016/11/29(火) 00:04:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消すに消せない苛立ちを

明日に連れて行かないために


  1. 2016/11/28(月) 18:57:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

些細な勘違いと

些細な行き違いを
僕らは一体、どれだけ繰り返せば
真っ直ぐ立って歩けるのだろう

傷付けて傷付いて
そんなことをいつまで続ければ
大人になれるのだろう

一人前になれるのだろう
胸を張れるような


  1. 2016/11/27(日) 21:52:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幼い胸の高鳴りを

至った今でも、消せやしない


  1. 2016/11/27(日) 19:26:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛した誰かの影よりも

視界に映る、世界を愛す


  1. 2016/11/25(金) 20:12:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひとつの小さな楽しみを

重い腰をどうにか上げて
夢中になって出来たなら
今日はすっきり明日へ続く


  1. 2016/11/24(木) 22:31:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の空気に身を晒し

今が冬だと身に沁みる


  1. 2016/11/23(水) 19:05:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんなカラダでも、生きようとするから

気持ちを萎えさせたままで
朝を迎える訳にはいかない


  1. 2016/11/22(火) 21:01:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

姿と形が変わっても

染まった色は、戻せない


  1. 2016/11/20(日) 22:03:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

求めることを止めるのは

きっとみんなを不幸にするし

望んだ夢を捨てるのは
誰かを必ず不幸にするから

嘘も痛みも慟哭さえも
ただそれだけじゃ、たいしたことなんてない
今まで僕らが受け取った
全ての歓びと比べたら


  1. 2016/11/19(土) 23:18:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴方に出来ない全てのことで

私が出来る少しのことは
私が少し、代わるから

貴方はそのまま想うまま
真っ直ぐ立って、往けば良い

無用な力を求めずに
不要な資産に溺れずに


  1. 2016/11/18(金) 21:17:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

声にさえ出せないほどに

薄く曖昧な、色すらない祈りを
時計の針を逆さに進めるように
切れた雲間に手をかざすように
無意味で傲慢で、無価値に
名前を決めて
形を変えて
貴方の姿をいつの日か
思い描くことすら忘れてしまうほどに
日々を何度も重ねても
綴る言葉の見つからない
この感情は

どこから来てどこへ行くのかなんて
そんなことばかり気にしていても
用か不要か無用かも決められないまま
月火水木金土日曜日を僕らは
ただひたすらに繰り返し
朝昼晩と春夏秋冬のループの中に
限りのある少ないリピートの中で
あらゆる可能性を洗い出して
試すだけ試しても結論を
それこそ必要とはせずに

カラダの全てをクチにして
声を限りに叫んでも
どこの誰にも届かない
空間に記憶を沈着させるだけの儀式でしかなくて
他の誰かが地雷を踏み抜くように
いつか誰かが同じ気持ちを抱くから
叫べず

心地良さと倦怠感と疲労と怠惰のマーブルで
キミと僕とは背中を合わせて
交わらない言葉と線と祈りとで
同じレイヤーの上を渡る


  1. 2016/11/17(木) 21:37:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浴びる朝陽があることに

素直に感謝をしてみよう


  1. 2016/11/16(水) 20:42:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

足取りは、例え止まったとしても

引き絞った意識だけは
緩めずに

荒い呼吸が治まった後も
高鳴る鼓動は消さぬよに


  1. 2016/11/15(火) 21:57:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記憶の奥の誰かの声が

今も貴女の背中を押すから


  1. 2016/11/14(月) 19:42:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その音、響けと 祈るから

貴女の歌は、どこまでも


  1. 2016/11/11(金) 23:08:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴方の耳に、薄く届く

流れる曲が、ロックでなくても
いつか貴女の愛する誰かが
あの日に唄ったあの曲は
決して錆び付くことなんて
ありはしないと信じているから

だからロックは響く
ツッパった時間と、
世界相手に真っ直ぐ立ったという自負と
バカやっちまった、という自嘲と共に
いつまでも、どこまでも遠く高く響く

それが貴女の愛したリズム


  1. 2016/11/11(金) 22:50:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界が動くのは構わないんだが

出来れば私も連れてってくれませんかね?


  1. 2016/11/09(水) 18:48:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出来ないことは、出来ないけれど

はっきり「出来ない」と判るまでは
どうにか「出来る」つもりでやってみよう


  1. 2016/11/07(月) 19:34:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の貴方の哀しみを

明日の貴方の笑顔に変えて


  1. 2016/11/06(日) 21:12:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜に眠れる正しさを

薄れる意識で感謝する


  1. 2016/11/05(土) 23:32:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

疲れも痛みも哀しみも

向き合い、超えれば明日になる

  1. 2016/11/04(金) 19:50:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつか全てを諦めて

本当に深く寝る夜が
僕にも貴方にも来るけれど

その日が死ぬまで来ぬように
抗うことなら僕にも出来る


  1. 2016/11/02(水) 20:27:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

息苦しさを感じるほどに

後ろめたさを感じてる

胸の真ん中が痛むほど
届かぬ自分を悔いている

足の先まで満たされた
倦怠感を振り切って
指の先からじわじわと
熱い気持ちを呼び戻す


  1. 2016/11/01(火) 23:05:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

窓を叩く雨粒の音が

生まれた街と違うから
遠くまで来て
遠くに居るのだと
やっと気付いた


  1. 2016/11/01(火) 21:38:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1786)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ