FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

時間を止めて

外の影響を止めて
変化を止めて
色を消して
影を消して
音を消して
誰でもなくなる瞬間が
今のキミには必要だから
スポンサーサイト



  1. 2017/01/31(火) 22:54:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕らは、何も欠けてない

僕はいつも、考える
どうすれば良かったのか?
何が正しかったのか?
何故あんな行動を取ってしまったのか?
でも、答えはそこにはなかったのかもしれない
ひとりでだめなら、ふたりなら
補い合えれば、大丈夫
そう、考えるべきだった
だから僕らは欠けてない
みんなで足して、満たされる
  1. 2017/01/30(月) 21:52:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忘れ得ぬ日々が終わり

記憶を懐かしむこともなく
日常は止まるはずもなく
痛みは癒える隙もなく
それでも流れる時間の中で
少し、少しずつ
思い出は薄れゆく
気分を深く沈めることすら
今となっては上手くいかない
だから
次がなくても、次を待つ
  1. 2017/01/30(月) 20:38:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あと10年は戦える曲 その40




[あと10年は戦える曲 その40]の続きを読む
  1. 2017/01/29(日) 20:28:29|
  2. あと10年は戦える曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分を形作るのは

いつでも自分以外なのに
自分以外に決めさせているのは
自分以外に誰もいなかったりして
じゃあ自分が選んだ自分が自分なんじゃないかと
口に出してみたら意味が分からなくなったりして
なんだかんだあって面倒臭くなって
誰がどうあれ自分は自分なんじゃないかとか
そんな当たり前のことで一旦線を引くのだけれど
いやいや自分は本当に自分を出し切ってきたのかとか
そんな疑問まで浮かび始めたら
もうキリがなくなる

そんな夜


  1. 2017/01/29(日) 20:20:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴方の指が、触れない日々に

過ぎた時間の長さを感じ
重ねた言葉の重さを感じ
私はひとり、熱を待つ
  1. 2017/01/28(土) 18:40:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

階段を、一段一段昇るように

石積みを、ひとつひとつ並べるように
出来ることを、ひとつずつ
手抜きもずるも、ワープもなしに
確実に、ひとつずつ
そうでないと、理解出来ないことばかり
  1. 2017/01/26(木) 22:57:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やるべきことを、考える

多くないことに思い当たる
気の持ちようだと思い至る
何も変わらないと楽観視して
この先の果てなさに、寒くなる
  1. 2017/01/26(木) 21:43:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

良く似ている

耐えることと、諦めることは
良く似ている
あまりに似ていて、本人すら違いが分からずに
騙されてしまうくらいに
  1. 2017/01/25(水) 22:36:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

育み抱いた愛しさが

いつか記憶に変わるまで
  1. 2017/01/25(水) 21:39:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分を殺せば殺すだけ

周りの評価が上がるなら
俺は一体、どこにいる?
  1. 2017/01/25(水) 20:45:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昔思っていたよりも

人生は長くて
世界は広く深いから
やりたいことが、終わらない
  1. 2017/01/25(水) 19:32:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分のことを語るとき

語れることの少なさと
伝わらないという予感に
いつも哀しくなるけれど
嘘を吐いてまで
自分を大きく見せるような
寂しいことはしたくない
  1. 2017/01/24(火) 18:44:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰にも見せずに舞うよりは

誰にも聴かせず唄いたい
誰も知らない物語を
頭の中に残すより
誰も納得しなくても
現実世界に記したい
  1. 2017/01/24(火) 00:00:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

車窓に積もる氷の粒が

音を立てつつ溶けるのを
震える肩を抱き寄せて
白い吐息を連ねて重ね
眺めながら、何も思わず。
  1. 2017/01/23(月) 23:47:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あと10年は戦える曲 その39

  1. 2017/01/22(日) 00:14:36|
  2. あと10年は戦える曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流れる涙の、その色は

いくつになっても変わらない
粒の大きさも、熱さも、塩辛さでさえも
変わることはない

心を震わせる、そのフレーズも


  1. 2017/01/22(日) 00:11:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あと10年は戦える曲 その38

  1. 2017/01/22(日) 00:09:59|
  2. あと10年は戦える曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あと10年は戦える曲 その37

[あと10年は戦える曲 その37]の続きを読む
  1. 2017/01/21(土) 22:16:12|
  2. あと10年は戦える曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あと10年は戦える曲 その36

  1. 2017/01/21(土) 22:14:50|
  2. あと10年は戦える曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あと10年は戦える曲 その35

  1. 2017/01/21(土) 22:05:45|
  2. あと10年は戦える曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あと10年は戦える曲 その34

[あと10年は戦える曲 その34]の続きを読む
  1. 2017/01/21(土) 21:58:09|
  2. あと10年は戦える曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あと10年は戦える曲 その33

  1. 2017/01/21(土) 21:52:29|
  2. あと10年は戦える曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴女がやらない面倒ごとは

次の誰かの手間になる
他の誰かの負担になる
貴女以外の全員にとっての
面倒ごとになる
  1. 2017/01/21(土) 11:34:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

持たざる者が求めることを辞め

持つ者が与えることを始めたときに
この世から争いは消えるのかもしれない
もしくは、争う暇も余裕もなくなるほどに
誰もが等しく失ったときかも
  1. 2017/01/21(土) 01:29:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春を待っている

淡い色彩の花びらが
触れても溶けないひとひらが
空より低い枝葉から
ふらりと舞い降り折り重なる
吹く風さえもが手を伸ばす
命の匂いが満ちている
春を待っている
  1. 2017/01/20(金) 20:44:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

総てに答えがあるはずと

疑わなかった自分を笑え
  1. 2017/01/19(木) 22:54:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだ浅い日々の中で

もう既に懐かしさを感じる
過去がこんなに早く
思い出に変わるなんて
  1. 2017/01/19(木) 21:00:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕らが言葉を渋るのは

重ねた言葉は、遠ざかるのを
他の人より恐れているから
  1. 2017/01/17(火) 00:29:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰もが、誰かの

失敗の後に続いて
自分の前の誰かの失敗を
無駄にすることがないように
踏み越えて、踏み締めて
前を向く
初めから上手くいくこともない
出来るまでやるから出来る
そんな言葉は、失敗しても失敗し続けた
俺以外の誰かの台詞
だから続く
  1. 2017/01/16(月) 22:31:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1783)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ