FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

貴女の言葉を待っている

渇いた自分を憐れまず
見たそのままに受け入れて
見たそのままを否定する
矛盾のひとつ欠片もない
貴女の言葉を待っている
スポンサーサイト



  1. 2017/05/31(水) 22:03:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここからどこへ向かったら

世界の真ん中が見えるのか
ここが世界の端ならば
どこが世界の真ん中なのか
  1. 2017/05/30(火) 21:32:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴方の歌った恋歌が

眠れぬ夜に繰り返す
  1. 2017/05/29(月) 23:06:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界がどれだけ美しいのか

疲れた僕らに教えて欲しい


  1. 2017/05/28(日) 08:00:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

失うことを、怖れるよりも

失うことすら想像しない
そんな傲慢さが怖い


  1. 2017/05/27(土) 22:40:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

疲れて声も出ない日は

無理して背筋を伸ばして歩く

「まだ大丈夫」と確かめて
深く呼吸を重ねて眠る


  1. 2017/05/26(金) 21:49:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

涙が出るほど、憧れた

他人の産んだ、ワンシーンに

今は
あの頃ほどには魅力を感じないのは

作り物の、ワンシーンが
自分の血肉になったから

無理に感情を燃やさずに
自然と言葉が出せるから


  1. 2017/05/25(木) 19:41:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

重ね続けた過ちも

きっと、いくつかは
忘れている
謝りたいことの全てが
もう、手遅れなのだと、そう思う
せめて
これ以上は
新たな罪を重ねないように
  1. 2017/05/24(水) 20:39:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰かの言葉が頭を過る

「僕に貴方のような慧眼はない」と
そんな素敵スキルがあったなら
クソ虫みたいに生きてはいない
今の暮らしに不満があるかは、
それとは別の話だけれど
  1. 2017/05/23(火) 21:14:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思い出だけの物語が

今の僕らに必要だから
  1. 2017/05/22(月) 22:55:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ただ、石を積むだけなら

手元の石から
端から
上に載せればいいけれど
完成図面があるのなら
石の選定は避けられない
その分、時間は余計にかかる
必要なだけの忍耐は
なんとかやっと、手に入れた
  1. 2017/05/21(日) 21:36:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上手に失敗出来るなら

成功なんて、意味もない
  1. 2017/05/19(金) 20:48:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あれだけ愛した歌の詩が

上滑りするような気分の夜は
眠れないまま横になり
新しい朝を、待ち侘びる
  1. 2017/05/18(木) 20:24:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

答えを

次の世代に委ねようと
どうしても思えないのは
多分
問題そのものに、納得が出来ていないから
  1. 2017/05/17(水) 20:59:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

約束された時間を

じっと待てるようになったのは
そう昔じゃない
熱量と水分と引き換えに
得られたものは、意外に多い
  1. 2017/05/16(火) 19:54:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分を誇れることなんて

意外と些細なことだから
  1. 2017/05/15(月) 21:25:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忘れ得ぬ日々

他人の夢を覗き見るような記憶

不意に振り返る癖
ひとり分の足音
部屋

始まれば終わるし
やれば進むし
始めたら、終わらせなければならない
終わらせられないなら、始めてはいけないとも思う
そう思う

日々に
背を押されない今に
安寧に
足下をすくわれないように


  1. 2017/05/14(日) 20:40:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

欲求と欲望の違いに

どれだけ拘っても
他人にとっては、同じもの
  1. 2017/05/12(金) 21:36:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ただそれだけが欲しいのに

いらないものだけ、増えてゆく
  1. 2017/05/11(木) 20:27:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「これでいいや」と思ったときに

僕らの熱は奪われる
「これでいいの?」の疑問が続く
怯える気持ちだけが熱
  1. 2017/05/08(月) 21:09:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眠ったように過ごす日が

夢の境を溶かしても
朝日が窓を満たすから
自然と体が目を覚ます
眠ってばかりもいられないのは
僕らがそういう生き物だから
  1. 2017/05/07(日) 21:30:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目の前の景色を

この美しい光景を
貴方たちにも伝えたいけれど
文章で伝えようとしたけれど
足りないから
この光景を
貴方たちが
探しに行きたいと
そう思えるような、物語を書きたい
  1. 2017/05/05(金) 22:18:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

錆びても回る歯車を

僕は本当に愛しく思う
油を注して、錆びを取り
また回し始める
今度はもっと、ゆっくりと
ただ回るためだけに
  1. 2017/05/04(木) 21:20:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴方が私を忘れても

知らない場所で、私は暮らす
  1. 2017/05/03(水) 22:00:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鈍い頭痛を言い訳に

明日の自分に期待する
  1. 2017/05/01(月) 21:15:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1786)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ