FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

大切な記憶

優しい景色
忘れ得ぬ瞬間は
何故だかいつも、ひとりの記憶
夏のアスファルトを区切った雨の境界
川辺に孤独に舞う蛍
桜の名残り
秋の並木に舞う枯れ葉
黒いほどに濃い、雨上がりの青空
「世界は美しい」と思って瞬間は
記憶は
何故かいつでも、僕ひとり
スポンサーサイト



  1. 2019/06/27(木) 01:08:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々を

過去を
答え合わせをする時間が増えて
そんな自分に、虫唾が走る
過去の、過ち犯した自身にすらも
  1. 2019/06/27(木) 01:06:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もしも、貴方に居るのなら

貴方にとっての、王が居るなら
私は素直に羨ましい
野の獣のように育ったこの身には
貴方がとても、眩しく見える
  1. 2019/06/20(木) 19:52:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記憶に貼った付箋紙を、

一枚、また一枚と剥がす
そのときにだけ、ちらりと目に映る
次の瞬間には、消えてゆく
一枚、また一枚と
記憶の付箋が剥がれて落ちて
同じページを探すのに
時間がかかるようになる
  1. 2019/06/09(日) 22:32:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

語って聞かせるほどの出来事は

今まで、そう多くもなかったけれど
きっとこれからも
誰に語ることもない毎日が
繰り返される
けど
全く何も起こらない訳じゃない
誰かが傷ついていない訳じゃない
そんな日常
  1. 2019/06/05(水) 23:20:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1784)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ