FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

ぼくらのことばがまたいつか

ひとつのおおきなみちになる
そんなひを しんじて


3月15日。
「回廊」15号が発刊され、これを以って休刊という流れになりました。

そして同日。
新宿某所に有志が集まってのオフ会。
僕も、参加させて頂きました。


本来であれば非社交的な僕のこと、そういった場に顔を出すことは意図的に避けている訳なのですが。
今回は偶然代休が取れそうだったことと、休刊前の区切りということもあり、お礼と挨拶を兼ねて参加させて頂きました。

集まった大勢の方々、ひとりひとりに言い残したこと(主に謝罪)や、伝え忘れたこと(主に謝罪)がありますが、それはそれ。次への活力と無形の約束ということにして。


ともかく皆様、ありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。


そして15号掲載作、「Voices」に関しての話題。

実はこれ、長編のプロットを力技で短編に変更したもので。
登場人物も3人ほど減ってます。
というか、変更したのに原稿用紙換算120枚とか、短編じゃないです。
良く掲載を許可してくれたなあと、頭が上がらない思いですが。

実体験を脚色して演出して~という風に思わせておいて、100%の創作ですね。
というより、ここまで客観的に自分のことを分析したり振り返ったり出来ません。僕は。
何というか、後悔ばかりで。
出逢った全ての人に「ごめんなさい」と謝って歩きたいくらいです。
むしろこう、首からプラカードを提げて歩いたりとか。

話が逸れてる。

ともあれ、これでしばらく締め切りを意識する日々から遠ざかると思うと、嬉しいような寂しいような、複雑な心境です。
締め切りなかったら、書かんかもしれんし。俺みたいダメ人間は。
でもまあ、「詩季」のシナリオもあるし、そろそろ長編も何本か書けそうだし、しばらく黙々と頑張ってみようかなと。
そういった気力をもらえたのが、回廊オフの最大の収穫でした。


(当初はひとりひとりの方に一言ずつ言葉を残そうと思ったのですが、いずれ直接僕の口から言うべきかなと思い直し、書いた文を消しました。形のない、相手のいない約束って、結構好きだったりしますので。個人的に)


そんな感じで、当面は「studio WALKの月夜野めいす」で行きたいと思いますよ、っと。
スポンサーサイト



  1. 2008/03/16(日) 21:31:27|
  2. 輪舞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夢見たあの日の理想の | ホーム | いつか言葉が尽きるなら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fromba.blog35.fc2.com/tb.php/139-fb2b184c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1783)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ