FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

無題

もう、逢う必要のないお前らに
俺の言葉は、まだ残っているだろうか?



きっと、多分、思い出すことの方が少なくて
思い出せることなんて、少しだけで
それでも、何かをする度に思い出すのは
記憶とお前らが、しっかりと紐付いているから

それだけで、生きてきた意味になる

俺のことを思い出す必要なんてなくて
ただ、何かを思うとき、考えるとき、
言葉を使うときに
お前らの中に、俺のかけらが少しでも
ほんの少しでもあれば
ただ、それだけで良くて

残せなかった足跡は、お前らの中にある

立派な人間になれなかったけれど
口先だけで生きてきた訳じゃなかったし
それほど弁が立つ訳でもないし
嘘も言ったし、出来ないことの方が多かったけれど
今でも後悔だらけだけれど
謝りたいことだって、きりはないけれど

偽りなく笑えた瞬間だけは、多分永遠だから

俺は未だにこんなんで
現実の苛烈さに翻弄され続けていて
居場所もなくて
でも、深刻になれなくて
ずっと、ずっと先に、とてつもなく後悔することは
間違いないことなのだろうけれど
何故だか、生き方を変えようとは思えない
意味も感じない
日々、ほんの少しだけ
自分を示すことだけが
今の精一杯

でも、それのどこが悪い?

先のことなんて、どれだけ必死に予想しても
どうせ下らん横槍が入ってお釈迦になるんだし
イレギュラーに腹を立てても意味もないし
その時々でひとりの人間に出来ることなんて
たかが知れてるし
だったら、芯の一本通ったモンを腐らせないように
両手の意味をしっかり噛みしめて
日々を暮らして
嘆かず、焦らず、慌てず、苛立たず
怒りを内に溜めて、逸る気持ちを抑えつつ
奥歯をぐっと噛みしめて

その繰り返しが間違っているとは、どうしても思えないから

今日が昨日の続きだと
明日は今日の続きだと
ちゃんと、当たり前のことを繰り返し繰り返し理解して
確かめて
生きて

それで良いじゃないか。


スポンサーサイト



  1. 2016/07/23(土) 00:11:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<痛みを笑えた数だけは | ホーム | 誰もに等しく割り振られた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fromba.blog35.fc2.com/tb.php/1392-41c0e736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1783)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ