FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

ひとかけらの勇気の

本当の意味を
僕は多分、まだ知らない


自分を守る言葉ばかり使っている気がする
空っぽの言葉で、表面だけを飾っているような気が

それがどれほど下卑たことなのかを
気付いてはいても、無視をして

向き合うことは、とても痛い

得られるものは、多分、ない

高潔さが欲しくて生きている訳じゃないと
また言い訳を見つけてしまう

ひとかけらの勇気の意味を僕はまだ知らない

──────────────────────────

足跡を辿るように
うつむいていた自分の
背中を思い切り叩こう
広がる景色の全てを
忘れないように歩こう

優しさの青と
激しさの黄色と
慈しみの赤と
受け入れてくれる緑と
世界は色で満ちているから

手を伸ばせばきっと
誰かに触れる
背中合わせじゃないはず
怯えないでいいから

湖面を走る風のように
足跡を残す
すぐに消えてしまっても
足跡を残す

行こう
どこへでも

ここにいてもいいのだから
どこへ行ってもいいのだから

約束なんてない
この世界の中で
約束を生み出したのは
僕らだから

──────────────────────────

月に向かい吠える野良犬のように
力ない足取りで僕は歩く
乱れた髪の毛を乱暴に撫で付けて
落ち窪んだ目で前を睨みつけて
疲れた体を引きずるようにして

それでも、歩く

スポンサーサイト



  1. 2013/02/10(日) 20:10:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今は | ホーム | 朝陽を待つように>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fromba.blog35.fc2.com/tb.php/163-3654ed85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1783)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ