FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

静かに過ぎ行く時間の隅で

過ぎ行く時間を受け入れられずに
立ち尽くす少年の姿が
とても愛しく見える


思春期を過ぎ、モラトリアムを過ぎても
結局のところ変われるはずもなく
椅子取りゲームに参加出来ないまま負けが決まって
なんとなく自分を続けている

自由とは何かという問い掛けの答えが
いつでも自分を辞められることだという風に聞いて
ほんの少しだけ気楽になれた

しがらみを捨てるのは、意外と簡単だと
そんな言葉も聞いた

僕は自分ではそうと気付かずに
色々な安全装置を組み込んで生きているらしい

それが仕事であったり、車のローンであったり
人間関係やネット関係であったり
様々なものらしい

自分では自覚が全くなかったことを指摘されて
それを全く否定出来ないときは
笑って良いのか泣いて良いのか分からず
左右非対象な表情になってしまう

懐かしい言い回し

それでも、まあ、昔ほど気分が沈むこともなく
たくさんの音楽やら物語やらで組み上げられた安全装置は
今日も正常に稼動している訳で

ただ、この鈍く重く熱い頭痛だけはどうにもならない

中毒者のように服薬を続け
誤魔化し誤魔化し毎日を過ごす
意外なのは、休日の方が体調が振るわないこと
ストレスから開放されると、ペースが狂うらしい

何のことはない
ストレスを受けたり辛くしんどい思いをしたりすることも
自分自身の安全装置の重要なモジュールになっていた訳で

自分の人生を一言で現せたらいいな、と思って
結構長い期間考え続けている
誰かに「お前、何なの?」と問われたときに
悩まずに答えられるように

今のところ、「下衆がスーツ着て座ってる」が一位

真剣な話、何をやっても上手く行かないこれまでの人生に
いい加減慣れつつあって
たまに上手く行くことが凄く得に感じられる
ある意味で安上がりで幸せだったりするのだが
その幸せに反吐が出そうになるのもまた
嘘じゃなかったりして
良く分からなくなる

ぐるぐるぐる

そんな毎日を、この歳になっても続けてます
「繰り返してます」じゃない辺り、やや前向き


スポンサーサイト



  1. 2013/02/12(火) 19:28:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旅人の在り方に | ホーム | 今は>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fromba.blog35.fc2.com/tb.php/165-fa668be2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1783)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ