FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

日がまた暮れて

昇るまでの時間を
誰かが夜と名付けたから

僕は夜を愛する



夕暮れが僕らの街の空を焼いて
青空を紫色に染める頃
冷たくなり始めた風に
僕は肩を寄せる

吹く風に乱れた前髪をかき上げる仕草に
楽しさすら見受けられる
そんな貴女の姿に
僕は恋をした

降る雨を眺める軒先で
水滴が紡ぐリズムを
ぼんやりと眺めながら
僕は貴女を待つ

夜に手を重ね
朝を待つ

鳥の声が
窓の外に朝陽を連れて来る
部屋も
僕も
貴女も
黄金に染まる

凍えた街が目を覚ます頃に
僕は貴女に声をかける

「おはよう」

そしてまた日が暮れるまで
僕は一日を過ごす
貴女と逢える夜を
僕の愛する夜を
息を潜めて、待つ

スポンサーサイト



  1. 2013/02/17(日) 20:34:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<幸運なんて当てにならない | ホーム | みんな、みんな>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fromba.blog35.fc2.com/tb.php/168-784007e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1783)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ