FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

幸運なんて当てにならない

この世界で
ほんの少しの期待を持ちながら
誰もが日々を往く


日々はたくさんの物事に例えることが出来る
人によって、時によってそれは異なり
向けられた相手、受け取る相手によっても異なる
日々、という曖昧で明確な言葉だけでは
僕らはその重さも、本当の意味も理解出来ないから
良く似た言葉でそれを表す

川の流れであったり
吹く風であったり
石を積むという行為であったり
時計の針の動きであったり

昔は、砂に堕ちて行くように感じていた
這い上がろうとしても、徐々に動きが取れなくなると

その次は、家を建てることに例えていた
整地し、基礎を造り、柱を立る
住むことが出来るようになった頃には
その家には、多分自分以外の誰かが

風に例えた頃は、ほんの少し心が荒んでいた気がする
緩やかに吹く風は、体の熱量をゆっくりと奪う
山を、大地をさえ造型する風
最後に残るのは、平ら

今、日々を何に例えようか?
そんなことを思った
ありのままに受け入れることが出来れば
多分それは幸せなのだろうけれど
名前のないものは、どうも愛せそうもないから

何に例えよう?
この、クソッタレでバカバカしくて
最高の毎日を

馬車馬のように働いて、くたくたで帰り
だらだらと過ごして泥のように眠る
頭痛と胃痛を薬で誤魔化して
正体不明の不安と焦燥を薬で誤魔化して
それでも腹いっぱいに飯を食っている
最高の日々を

こんな日々を僕は
何に例えるのだろう?

スポンサーサイト



  1. 2013/02/18(月) 21:19:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<誰かが誰かを | ホーム | 日がまた暮れて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fromba.blog35.fc2.com/tb.php/169-58b7a6a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1783)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ