FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

体の奥から湧き上がる

旋律と
疲れた体が求めるリズムと
これを形に出来たなら
どれだけ日々が報われるだろうか



溜め息と共に、貴女は目を閉じる
自分では気付かなかった疲労感に
ほんの少しだけうんざりする

顔を上げる
瞼を上げる
視線を

凍えるような風に身を晒して歩かなければ
空の本当の色は見えない
暖かな部屋に居ては
風の匂いすら分からない
誰かがそんなことを言っていた

貴女は足を上げ、前に向かう
吹く風に逆らうように

体が
心が
疲れていることは、知っている
それでも
ほんの少しだけ見上げた空の色は
青空と呼ぶには白かったけれど
夕暮れが近づいた今
日差しは色濃くなり
空の色は、深くなり始めた

夜が訪れる前には
貴女は歩みを止めるかもしれない
太陽が沈み切った後に
月が夜空に穴を空けるかもしれない
靴音はリズムになり
衣擦れは旋律になる

貴女だけの


スポンサーサイト



  1. 2013/02/25(月) 19:52:25|
  2. 輪廻
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<誰が僕に | ホーム | 風花の舞う朝に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fromba.blog35.fc2.com/tb.php/173-bf27f77f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1783)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ