FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

置き忘れた傘のように

気持ちの端についた印

その傘がお気に入りだったなら、なおさら

電車は走り、戻るには遅い
戻ったところで、残されている確証もなく
かといって、駅員に声をかけるほどでもない

でも、家に帰るまで気分が沈む
雨は上がったはずなのに

眠って、起きて、空が青かったなら
忘れられる程度のことなのかもしれないけれど

気持ちの端には、今でも印が残っている


スポンサーサイト



  1. 2013/10/07(月) 19:20:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<思ったことを我慢せずに口に出してみても | ホーム | ただの愚痴でしかないけれど>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fromba.blog35.fc2.com/tb.php/377-5d57af7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1784)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ