FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

朝、クローゼットの前で

貴方はほんの少しだけ悩む
まずは、ネクタイ
次に、コートを着るべきかどうか



貴方はコートを手に持ち、テーブルの上のコーヒーを飲み干す
玄関で車のキーと部屋の鍵を手に取る
日差しは柔らかく、暖かいけれど、まだ空気は冷たい
階段を小走りに駆け下り、車へと急ぐ
袖を通さなかったコートを助手席に置き、貴方は会社へと向かう
朝の喧騒の中へと、車を進める
少し寝ぼけたような、それでも緊張感のある街並み
前しか見ていないような運転で走る人たち
そんな危なっかしい中を、貴方は穏やかな気持ちで走る
まるで、良く躾けられた中型犬のように、お行儀良く
貴方は会社へ着くと、一日の仕事を始める
同僚の淹れてくれる、今日二杯目のコーヒー
電話の音が鳴り響く
誰かの駆ける音が聞こえる
小さな話し声、大きな話し声、時々聞こえる怒声
貴方はその全てを把握し、それでも目の前の仕事に向かい続ける
誰かの困ったような声
見当外れの言葉と、出来損ないの提案と、思いつきだけの解決策
貴方は聞こえない振りをする
少しずつ、自分の中が膿み始めていることに気付きながら
朝の爽やかさや、張り詰めた神聖な空気は
貴方の会社から逃げて行った
昼食が過ぎ、気だるげな午後を越えた
貴方は自分の仕事をしっかりとこなす
与えられた仕事と、自分で得た仕事と、誰かのための仕事
全部が全部、ちゃんと出来ているとは限らなくても
貴方はしっかりと、こなした
数人の同僚が帰った頃、貴方は手を止める
ほんの少しだけ、深く息を吐く
手早く机の上を片付けて、帰途に就く
帰宅して、車を駐車場に停める
貴方の車は、年老いた猫のように見える
疲れ果て、それでも幸せそうに眠り続ける猫のように
貴方はコートをクローゼットにしまう
結局、今日は必要としなかったコート
ネクタイを外し、シャツを脱ぎ、コーヒーを淹れる
短く空いた時間に、貴方はソファーに深くもたれかかる
タバコを咥え、火を点ける
ゆっくりと、規則正しく、呼吸を繰り返す
貴方のその姿は、とても控え目な指揮者のように見える
リズムを取り、自分のペースを正しているかのように
そして貴方は一日の終わりに、終わりまでの短い時間に
自分自身のことしか考えなくて良い時間に
とてもわがままな遊びを始める

とてもわがままな遊びを始めよう


スポンサーサイト



  1. 2013/10/18(金) 19:07:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋の渇いた風に向かって歩く | ホーム | 枯れた気持ちに水を与えるように>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fromba.blog35.fc2.com/tb.php/386-5a8857af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1783)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ