FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

この夜が明けたら

寂しさも消えると
そう唄ったあの歌が
今でも背中を支えている



誰にでもなく
何にでもなく
ただ、申し訳ない気持ちが尾を引いていて
自分自身のとった全ての行動のその理由が
今になっても分からないままで
野を駆ける獣のように育ってしまった自意識を
人間という言葉の皮で覆い隠して
どうにか社会の隅に混ぜてもらって
日々を食い繋いでいて

楽しいこと
楽しく感じることも
辛いこと
辛く感じる必要のないことも
人並みか、ひょっとしたらそれ以上にたくさん
与えてもらっているのに

自分が人間なのだという自覚が
未だに芽生えずにいる

迷い子のように後ろを振り返る癖も消えず
空から降ってくる何かを探す癖も消える
すっかり皮の薄くなってしまった掌を眺める癖も消えず
根拠のない大口を叩く癖も消えず
その後、酷く沈み込む癖も消えない
それが人間だと言っていいのなら
複雑な心境だけれど、受け入れられるかもしれない

誰かの足を引く気はないし
誰かに寄り添って欲しい訳でもない
ただ、この曖昧な感情の根っこに何があるのか
それを知りたい
多分、僕以外の誰もがとっくに気付いている
そんな気がする
名前のない感情
名前の見つからない感情に
誰かが名付けてくれるなら
僕はきっと、その人をどうしようもなく愛してしまうのだろうと
そんな夢想を繰り返す

寝返りも打たずに眠る夜を繰り返して
夢も見ず、疲れも取れずに
そうして朝を迎えても
寂しさは消えてくれるのだろうか?


スポンサーサイト



  1. 2014/06/29(日) 20:17:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<深く、深く眠ってしまうのは | ホーム | 次のために>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fromba.blog35.fc2.com/tb.php/575-2efcbba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1784)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ