FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

「もう許してやれよ」と

耳元で聞こえた気がした



感情は読み取れなかった
哀れみや後悔もなく
あきれ返った感じでもない
ただ、その言葉のままの声

たくさんのことを考えた
許してやれよ、の向く先とか、意味とか
その裏に何があるのかとか
そういったことを

でも、結局は言葉の通りなのだろうと
そう思った

で、まず最初に思い当たったのは
愚かだった頃の(今もそう大差ないが)
自分自身

俺が俺を許せずに
誰が俺を許してくれるのか
もう、誰も俺を責めてなどいないのに
そんな暇人は、いやしないのに

こうやって、ひとつひとつ
許していけるのなら
先のことなんて分からないけれど
明日は多分、もっと楽になる


スポンサーサイト



  1. 2014/07/06(日) 20:13:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<過ぎて重ねた時間の中に | ホーム | 透き通った空気の色と>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fromba.blog35.fc2.com/tb.php/582-ce691cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1784)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ