FC2ブログ

Junk Mind D.N.A.

ことばがかいてあります。

寒い夜に、熱に浮かされて




自分を諦めないことでしか
自分を続けることが出来なかった
あの頃に自分を責めることは
誰にも出来ないと思う

過ぎた日々に
後悔することは
多分、避けられやしないけれど
過ぎた日々の結果の今を
納得することは出来るはず

誰かの言葉を借りることでしか
自分の中身を外に出せなかった自分を
今の自分が笑うことなんて
どうしても出来ないから

他人に期待することを
出来るだけ辞めようとしていたのに
縋るように期待した結果が
無用な痛みになって

罪も穢れも消えて失せると
古い言葉が謳うから

色も形もいつかは褪せて
色と形の違う何かが
きっと貴方を守るから

自分を嫌うことでしか
自分を辞めないでいる方法を
他に知らなかった頃
今よりずっと頭痛は酷かったと思う

厳しい日々が当たり前過ぎて
その当たり前を他人にも求めて
忌諱の眼差しを向けられて
いつしかそれにも慣れて
離れてゆく人たちは、いつも同じ表情をする

それが心を削るというのなら
そんなことで削れる程度の心の贅肉なんて
そもそも必要ないじゃないか、と
いつも僕は本心で思うのだけれど

繰り返す
繰り返す日々の中で
自分以外の誰かと自分自身の違いを
明確にするためには
他人に期待することよりも
他人を受け入れることが必要なのだと
本当は分かっているけれど

理解するだけの価値が
果たしてあるのだろうか、と
そんなことがまず気になる僕は
多分、もう取り返しが付かない

それでも
そんなことに気を取られ、足を取られるより
大事なことがこの世界にはまだ
たくさん残されているから
諦められない自分自身を
受け入れられない他人の中に放り投げて
頭痛と共に歩いて果てる


スポンサーサイト



  1. 2015/02/02(月) 19:12:08|
  2. 輪廻
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<遠くに見えるあの灯りが | ホーム | 折れそうな心を>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fromba.blog35.fc2.com/tb.php/779-8b4de20f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

星見月夜/月夜野めいす

Author:星見月夜/月夜野めいす
出来るまでやるから出来るのに、やらないから出来ないまんま。

そんなサラリーマン。

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

長編小説(連載中) (7)
未分類 (1803)
短編小説 (23)
あと10年は戦える曲 (49)
歌詞 (14)
詩・文 (10)
偽典 (5)
愚痴 (6)
安寧 (7)
混濁 (33)
独白 (21)
毒吐く (6)
輪廻 (17)
輪舞 (16)
郷愁 (11)
慟哭 (14)
諦観 (9)
暴威 (7)
憔悴 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

Junk Mind D.N.A.

QR

月別アーカイブ